四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。(コウノトリ)

IMG_20200923_0001_NEW
水元公園 東京新聞より クリックして大きくなります。
水元公園の花
中央広場の上の位置に水元グリーンプラザがあります。今日はそのあたりの花を紹介、たくさんあるのでその一部。
タカノハススキ
葉に一部分模様が入っています。
P5330107

彼岸花
ようやく開花、でも当日はまだ2輪、19日ですが、もうかなり咲いてきたでしょう。
P5310684

P5330141

おもしろい花を見ました。
何の花でしょう?
P5330053

P5330035

P5330030

フォックスフェイス
綺麗な花で驚きました。はなやさんでは生け花の材料として売っていますが、花は初めて見ました。皆さんも花は見たことはないのでは。
P5330046_edited-1

ブーゲンビリア
2色ありました、ミニ温室です。
P5330144

P5330149

ハイビスカス
P5330151

P5330165

プルメリア
キョウチクトウ科ハワイではレイに使われるので有名。
P5330180

バラ
何種がありましたが、今日はこれだけ紹介。
P5330492

ノウゼンカズラ
中国原産の花、色はオレンジ、朱に近い赤など
P5330453

P5330342

ピンクノウゼンカズラ
P5310822
この2種は大きな花で、小さい花のヒメノウゼンカツラというのもあります。

オイランソウ
P5310845

ナツズイセン
P5310853

フウセントウワタ
ガガイモ科 別名フウセンダマノキ アフリカ原産
P5310793
大きなふうせんを作るのが特長
P5310754

八重シュウメイギク
P5310751

キクイモとシュウメイギク
P5290284

ニトベギク
P5330338_edited-1
花はまだ続きます。

P5330357
水元公園 水辺の花
水郷水元公園ですから水辺の花を紹介
ガガブタ
P5300044
絶滅危惧種
水質の悪化で全国的に減少している。私も初めてみました。もちろん自然の池ではなく水盤にあったものです。初めてみましたが確かに貴重な植物のように見えますね。漢字で書くと鏡蓋
P5330348_edited-1
和名は、「かがみ・ぶた(鏡蓋)」が由来であるとされます。江戸時代頃の鏡は金属を磨き上げた鏡面に埃や傷がつくのを防ぐために普段は箱に入れられていましたが、本種の丸い葉と葉柄の様子が柄のついた鏡(柄鏡)の箱の蓋に似ているので…という事のようです。また、ため池などの水面を「鏡」に見立て、本種の葉が水面一面に繁茂している様子を、「鏡に蓋をしているようだ」ということで、「鏡蓋」とされた、という説もあります。水田の水面を覆いつくすウキクサも古くは「かがみぐさ(鏡草)」と呼ばれており、何らかの関連があるのかも知れません。(重井薬用植物園HPより)
P5300047

タコノアシ
これまた不思議な名前の植物です。これは結構たくさんありました。ご覧の様に見た目がたこの足に見えませんか?
P5310528

P5310512
花が先の方に残っています。
P5310520

ツルマメ
ノマメといわれ大豆の原種と言われます。
P5310618
ツルマメはダイズの近縁で、その原種と考えられており、古代より人々が栽培し、さらに品種改良したものがダイズになったといわれる
P5290419

タカサブロウ
よく似たアメリカタカサブロウは花弁が細いので区別します。原産は南米で漢方にも使われます。
P5290438
タカサブロウの和由来は高三郎という人が、この草の茎を使って文字を書いたという説と、古のタタラビソウが転訛したものという説があり、はっきりしない。 モトタカサブロウは東アジアの湿潤温帯地域を起源とし、少なくとも弥生時代には日本にあったとされている史前帰化植物と推定されている。〈引用文です〉
P5290443

ヤブヅルアズキ(ヤブツルアズキ)
黄色い花と長い実がついています。
P5290750
和名ヤブツルアズキは、「藪蔓アズキ」の意で、基本種(基準変種)のアズキは栽培種で茎が直立し、つる性にならないのに対し、本変種は野生種、すなわち「藪に生えるつる性になるアズキ」、「藪蔓小豆」を意味する。(ウィキ引用)
P5290769

ミソハギ
P5290819
盆花としてよく使われ、ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)などの名もある。ミソハギの和名の由来はハギに似て(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれる。(ウィキ引用)
P5290834

トチカガミ
トチカガミ(鼈鏡)はトチカガミ科トチカガミ属多年草。鼈はスッポンのことで、光沢のある丸い葉をに見立てて名付けられた。
P5300062_edited-1

オモダカ

P5300070
北海道〜沖縄の湖沼やため池、水路、水田などに生育する抽水〜湿生植物。中国原産。平安時代に渡来。
実はこんな風になりました。
P5300071
普通の田んぼなどでよく見られます。

マツカサススキ
松かさがついたようなススキ、見た目の名前ですね。水のなかから生えています。
P5300029

P5300025
水元公園の花続きます。





日本一のビル建築中
東京駅の北口のすぐ前に建築中のビル、現在あべのハルカスを超える330mの森ビルが建築中で虎の門に2023年完成予定、ですが実はその4年後に東京タワーを超える390mのTOKYO TORCHが2027年完成します。現在半分を超える外観が見られます。写真撮ってみました。

P5340169
近いと全部撮れません。
P5340188
日本橋から見たもの、半分以上外観は出来ているようです。完成は2027年。

P5290838
水元公園の花たち
水辺の花
水郷の公園で湿地や水辺から生える植物です。
オニバス
大きな葉の花は終わったようです。小さい水盤の中でまだ一つ花が残っていました。
P5300077

スズメウリ
実が楽しみです。水辺にツルになって伸びていきます。
P5310579

P5310581

ゴキヅル
名前がいまいちですね。実がとげとげが出ていって、あんまりカッコいいものではない。
P5290509

P5290498
実をご覧ください。なにか蓋をしたような実から合器ヅルとなった名前。
P5290427

P5290407

睡蓮の公園
睡蓮がまだあって、毎年ここに鴨の群れがやってきます。      
P5290308

P5290332
色は白ばかりです。陸の池の方にもあります。
P5290354

P5290361

P5290372

彼岸花、まだこんな。
P5290284
花は2輪だけでした。19日現在。
P5310469

動画は次回つづく

↑このページのトップヘ