イメージ 1
 
 
ゴイサギの幼鳥ホシゴイ
 
葛西臨海公園ではゴイサギは少ない鳥ですが、久しぶりになんと5羽のホシゴイが現れました。
ボラの立てる波に「あれ!」といった感じで驚いていました。こんな大きなボラを食べることは出来ないですからね。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
親鳥は見えませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
夕方になると、沢山きているキアシシギはクイの上でおやすみ態勢をとります。
 
 
 
イメージ 5
 
セイタカシギ、暫くセイタカシギが見えなくなって猛禽類がいなくなったので安全を確認して戻ってきました。
冬のかものいる時期は鴨を目当てに猛禽類が葛西にやってくると、セイタカシギも危険を感じて荒川、江戸川(谷津干潟)などの上流に避難しています。
絶滅危惧種の中でも一番低いクラスなので、まだ安心ですが。昔は、日本ではまれにしか見えなかった鳥だそうです。
 
 
 

 
ミスジチョウ
 
イメージ 6
 
 
 
ヤマキマダラヒカゲ
 
イメージ 7
 
 
 
イチモンジセセリ
 
イメージ 8
次回、よさこいです。