イメージ 1
大きくなります。   左はマガモのメスに似ていますが違います。


マルガモのメスとカルガモのカップル

昨日アップしたと思っていたらなくなっていた?
石神井川へカラムクドリを撮りに行ったときに、肝心の鳥がなかなか来ないので上流へ歩いていくと、変なカモ。
カルガモと一緒にいるが、何か変?一瞬見はマガモのメスに似ているが、くちばしの先がカルガモと同じ、いわゆるマルガモでした。マルガモのメスです。カルガモは♂♀同色なので人間にはほとんど区別つきません。それでもマルガモはご相手がオスだとわかる。(当たり前?)

イメージ 2

カモというのは雑種が多く生まれる鳥といっていいでしょう。アヒルももとはマガモから家畜として品種改良されたもの。
普通カモは10個以上の卵を生みますが、アヒルはなんと年間150~20個も生むが、自分では温めないので孵卵器を使うそうです。どこかで「アヒルの卵」というお菓子を売ってましたけど?



このように、自然界でも雑種が多くあり、このマルガモとカルガモの間の子供は何と言う カモ以外の鳥で雑種というのはあまり聞かないですが、でもカナリアや十姉妹などは人間が改良した鳥ですけど。

イメージ 3
マルガモはマガモとカルガモの雑種です。雑種というと言葉が悪いのでハイブリッド

ヒドリガモとアメリカヒドリガモの雑種を何回か前に紹介しましたが、下に出てくるコガモにも、実はアメリカコガモという似たようなカモがいます。
久しくであっていませんが、コガモが沢山いると探しちゃいます。

コガモ
イメージ 4

コガモのオスの頭の緑がすごくきれいなんですが、日影で撮ったのでいまいち。


イメージ 5

石神井川には、他のカモもいましたよ。



東京の昨日は4月の陽気

今日は北風が冷たい真冬に…

イメージ 6
昨日は、ついに亀が冬眠からさめて日向ぼっこ。でも今日はどこかに?
新宿区おとめ山公園(職場の裏)


こちらは、木場公園の白梅、実はこの1本だけやけに早いんです。
まだ普通の梅は開花してないうちに満開になっています。不思議な梅です。
イメージ 7
白いのは月

空を見ると面白い形の雲、レンズ雲がかさなったように見えます。
イメージ 8
以上2枚は木場公園の今日。