イメージ 1


モッコウバラ

八重の黄色いバラ、白もありますが、この種が普通言われるモッコウバラだそうです。中国原産でバラの特徴であるとげがない。
バラの香りがあまりない木香バラ。このようにたわわに実る花、春にしか咲かない一期性のバラ。

イメージ 2

モッコウバラは色は黄色と白しかない。
それぞれに一重と八重があるが、基本はこの八重の黄色だそうです。

イメージ 3


ハナミズキ

桜が終わると一気に咲くのがハナミズキ。
桜の返礼としてアメリカから贈られたとされる木で、今や全国的に公園や街路樹として人気がある。白が満開になると遠目にはまるで雪でも積もったかのように見える。
ピンクは桜が満開かとも思わせる。桜のように一気に散るようなことはなく、長く楽しめる花。

イメージ 4



イメージ 5


ハナミズキ 一青窈



イメージ 6

別名アメリカヤマボウシともいいますが、近縁種である日本のヤマボウシに形が似ているからそういわれます。アメリカ原産の種。
ヤマボウシはまだ花をつけていません。

イメージ 7



イメージ 8

アメリカから贈られた最初のハナミズキは日比谷公園にあります。

イメージ 9



イメージ 10
アオスジアゲハ

モッコウバラ、ハナミズキはともに近くの木場公園、仙台堀川公園での撮影です。



牡丹の季節

昨日は休みで、毎年のように行く鎌倉の建長寺へボタンを見に行きました。
北鎌倉から東慶寺により、そこから建長寺、鶴岡八幡宮を通ってバスで長谷寺へ。
ボタンが目的でしたが、建長寺は満開、今が最高の時です。五月に入ってしまうとだいぶ少なくなりますので、行くなら今です。
長谷は花も少なく、終わりかけていますので、建長寺か鶴岡八幡宮の神苑牡丹園がいいでしょう。
私は鎌倉のボタンならここをおすすめします。八幡宮よりもいいと私個人としては思います。
動画の編集ができましたらアップしますので、とりあえず速報で一枚。

イメージ 11

三脚は、他のお寺では禁止ですが、ここは入り口で申し込むと許可証をいただけます。住所、名前を書くだけです。その方が安心して写真撮れます。