イメージ 1

ポケモン禁止
上野公園不忍池弁天堂周辺でポケモンが禁止になりました。
最近は公園でやたら人が固まっているのを見ます。みんなポケモンが目的です。
その上野にある国立科学博物館で「日本の自然を世界に開いたシーボルト」展をやっていましたので見てきました。
両国の江戸博物館でも偶然か「シーボルト」展をやっています。こちらはチケットがあるの実に行く予定です。偶然ではなく没後150年でした。

イメージ 2
シーボルトがオランダなどに送った動物

シーボルトは、今年没後150年になります。1823年医者として日本長崎にやってきましたが、実は彼の本当の目的は日本の植物や動物などの研究、文化、歴史の調査を目的としていました。
日本人と結婚し、タキという名前です。二人の子供はイネといい日本人最初の女医と言われます。

イメージ 3
65歳以上は常設展で入場無料です。
日本の自然をヨーロッパにつたえていますが、中でも有名なのはユリ、アジサイでしょうか。ユリは日本のユリがヨーロッパにつたえられてから様々な種類が作られました。園芸品種の原種の多くは日本のユリと言われています。

アジサイもガクアジサイが日本では多く、西洋アジサイが一般的に鉢などで売られていますが、その元は日本のアジサイでした。ガクアジサイは日本で、普通のアジサイは西洋のものだと勘違いしていました。新発見でした。写真撮影禁止が多かったのでこんな紹介となりました。
日本の植物、動物のことがわかって目から鱗でした。



木場公園の蝶たち

ウラナミシジミ
なぜか真夏よりも今頃が一番多いです。
イメージ 4


アカボシゴマダラ
綺麗な個体なので羽化したばかりかもしれません。
イメージ 5



イメージ 6


ゴマダラチョウ
北海道では絶滅危惧種に指定されています。都内でもエノキに卵を産み見ることがありますが数は非常に少ないです。
イメージ 12


アオスジアゲハ
もともと南方系の蝶で、東北が北限で北海道では見る事がないようですが。
イメージ 7



イメージ 8

上下ともツマグロヒョウモン♀

イメージ 9


ヒメヒマワリとツマグロヒョウモン
イメージ 10





イメージ 11

蝶は中には越冬すものもあります。年に2~3回も羽化するものもあり、蝶の世界も豊かなものです。