イメージ 1

ツグミがそろそろ来るころですが、ここは北本の自然観察公園。
はじめて群れているのを見ました。
毎年東京には11月末~12月初めに見られます。
今年は例年より少し早いようです。

イメージ 2

ツグミも北から来たころは人馴れしてなくて逃げますが、しばらくすると本当に近くまで寄っても逃げません。
冬になり、私のブログも鳥が多くなります。ご勘弁をお願いします。

イメージ 6

シメ
シメもなかなか会えない年があります。今年は比較的見られるかもしれません。鳥は年によってくる種類も数も違います。去年はあまりシメが見られませんでしたが、どこに行ってもシメに出合う年もあります。

イメージ 3

シメもアトリ科の鳥、今年はアトリのあたり年なので多くみられるか。
ちなみにウソもアトリ科です。イカルも見たいです。

イメージ 4

カシラダカ
カシラダカはホウジロとよく似ています。髪の毛をたっているとすぐにわかるのですが髪の毛が立ってないとなかなかわかりにくい判別です。
イメージ 5

以上は北本からです。


木場

木場公園では銀杏が見ごろになっています。一部はすっかり葉が落ちたのもありますが、まだ黄色い木も。

イメージ 7

27日には江東シーサイドマラソン(ハーフマラソン)がありました。
いつも夢の島の野鳥観察に行くところもコースになっていたので、野鳥もびっくりしたことでしょう。

イメージ 8

すっかり忘れていました。思い出していれば夢の島競技場に撮影に行ったのですが、これは木場の駅前の写真です。