イメージ 1

シロカモメ
カモメが来たということが上野の情報誌にのっていましたが、その後それらしいものを確認できませんでしたが、先週の日曜日の朝、それらしいのを見つけました。
前にも書きましたがカモメ類の中にカモメという鳥がいます。都会の多いのは冬はユリカモメ、通年ではウミネコやセグロカモメですが、カモメが都心に来るということはあまりありません。
不忍池です。
イメージ 2

永井真人監修の「カモメ観察ノート」を見ると
体はセグロカメモの1W(生まれてから初めての冬羽)ですが、尾が
真っ白で、白カモメの特徴です。くちばし、眼、足の色などで判断すると
やはりシロカモメに見えます。シロカモメなら都心では珍鳥ということになります。

イメージ 3



イメージ 4


ユリカモメと比べると大きいのが分かります。

ユリカモメはそろそろ頭が黒くなるはずですが、まだ冬羽ですね。
イメージ 5

柳の新芽にヒヨドリ

イメージ 6

染井吉野は、ようやく1分咲きと言った感じ、明日からまで寒くなるというので満開はまだ先のようです。今年はどこに行きましょう。

イメージ 7
以上は、上野公園ですが、まだアトリの群れがいますよ。



今日の夕方
太陽に飛び込む飛行機雲(木場公園にて)
イメージ 8

今日は夕方銀座に行きましたのが、茨城県の物産を売っている店があったので買ってきました稀勢の里 1個245円だったか。

イメージ 9