P3600268

ヒヨドリの幼鳥
ヒヨドリは日本では渡りの鳥と留鳥と両方いますが、東京では冬に北から渡って来る渡りのヒヨドリが多く。秋になるとうるさいくらいの声で公園はいっぱいになります。しかし、夏は数が少なく写真を撮るのも難しいくらいいなくなります。でもいなくなるわけではなくこのように都会で営巣する個体も結構います。郊外の森や林よりも都会の公園で見る機会が多いかもしれません。
蝉が鳴くようになり、カラス、ムクドリ、ヒヨドリなどの都会に住む野鳥にとっては、餌には事欠かないに季節になりましたね。

P3580666
咥えているのはセミ
P3580695

P3580796

P3580869

P3580930

P3580994

P3590023

P3590058

P3590060
幼鳥が食べようとしているのもセミ


アオノリュウゼツラン
上まで満開に
P3600502

P3600518