四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

2012年01月

イメージ 1
 
 
久しぶりの再会 白いスズメ
 
北の丸公園で大分前に一度出会って以来何年かぶりの再会でした。何度も来ていますが、なかなか出会えず他に行ってしまったかと思っていましたら、元気に出てきました。ひとからパンをもらっていますが、飽きると林の中で落ち葉の下を探って木の実や虫などを探します。
 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
普通のスズメと会話しているように見えますね。喧嘩しないで生きているようです。
 
 
 
 
イメージ 5
 
こういう特殊な鳥は長生きできないと思いますが、元気で長生きしてね。
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
とても綺麗なスズメです。北の丸公園に行ったら武道館の裏の方です。探してみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
おなじみメジロ
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
アズキナシ
小豆梨(小豆のような梨の実?)
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
バラ科ナナカマド属の木で花は小さな白い花、咲いたらまた撮ってみましょう。
 
 
カラス
 
白いスズメを見ましたが、ここで前に一度白いカラスも見ましたので沢山のカラスの中を探しました。
でも残念ながら発見できませんでしたが、きっとまた会えるでしょう。
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 3
カラスの行水
 

イメージ 1
 
 
本埜村「白鳥の郷」
 
千葉県小林から徒歩で20分ほど、今年は800ほどの白鳥が来ている。
また、ソデグロヅルも初見参、鹿児島の出水にも来ていない珍しいツル。今日現在まだ滞在中で白鳥と共に期間の予定?。
朝早く出かけて、夕方暗くなる寸前に帰宅する。
 
 
イメージ 2
 
 
今年の最初の鳥見は千葉県の本埜(印西市)からでした。ソデグロヅルがまだいるのでまた行かないと‥。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
黒いくちばしのアメリカコハクチョウ
 
 
 
イメージ 7
 
たくさんのオナガガモ
 
 
 
 
イメージ 10
ソデグロヅル
 
 
 
 
 

 
―春の知らせです―
 
  ソシンロウバイ  
 
イメージ 8
 
 
  ロウバイ  
 
イメージ 9
 
(東御苑)
 
 
いい匂いがします。そろそろロウバイが咲くと梅の便りが届いてきます。

イメージ 1
 
アリスイ
 
毎年北本自然観察公園にアリスイが越冬にやってきます。今年も現在2羽を確認で来ました。1羽は子供の公園の近くの芝の中、1羽は観察センター近くのヨシと潅木の中でした。
芝の中のアリスイはなかなか出てきません。でも撮影中に何度も長い舌を出したようです。目視ではあまりに早いので確認できませんでしたが、あとで映像をみて発見したものです。
アリを長い舌で吸って食べます。
実際のその様子も撮影できました。と言っても確認できる程度ですが、ご覧下さい。
 
 
イメージ 2
 
 
アフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス(ジブラルタルを含む)、日本
夏季にアフリカ大陸北部やユーラシア大陸で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸中部やインド、東南アジアへ南下し越冬する。日本では北海道、本州北部では夏季に繁殖のため飛来し(夏鳥)、本州中部以西では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。(ウィキ) 北海道は夏に来る、意外でした。
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
長い舌が見えましたか?驚きですね。下切りりスズメの話がありますが、アリスイは舌を切ったら即なくなりますね。
 
 
 
 
イメージ 5
 
赤い舌が見えます。
 
 
 
 
イメージ 7
 
キイロスズメバチの巣、去年のもので今年は使わないようです。かなり高い木の上です。
 
 
 
 
イメージ 8
 
カラスウリもすっかり枯れています。
 
 
 
 
イメージ 9
 
そろそろ梅にもこんな小さな芽が出てきました。
 
 
 
 
イメージ 10
 
クヌギカメムシの卵のようです。(レンジャーの方に確認)
 
 
 
 
イメージ 11
 
ツルウメモドキの実だと思うのですが、いまいち納得していない自分。↓訂正
ツリバナの実です、冬も深くなって枯れてしまった状態のようです。美沙希さん、有難うございます。
 
その後公園のホームページによると「マユミ」とありました。難しいですね。
 
 
 
 
 
イメージ 3
ノイバラ
 
 
 
 
イメージ 4
 
天然記念物の江戸彼岸サクラ
 
 
この日は、ジョウビタキ、アオジ、カシラダカ、ホウジロ、アオサギ、メジロ、モズ、キセキレイ、アリスイ、ハクセキレイ、ヤマガラ、エナガ、マガモ、コガモを確認。ルリビタキには会えませんでした。     1月25日

イメージ 8
大きくなります
 
 
雪の清澄庭園
 
東京にもようやく雪、東北、北海道、日本海側では大雪。皆さんの所は大丈夫でしょうか。
東京は雪が殆どふらないので2~3センチも積もれば交通は大混乱。
清澄庭園も何年かに一度くらいしかこんな風景は撮れません、もっと
積雪があれば白い日本庭園をお見せできるのですが。
 
 
 
イメージ 1
 
雪の花、青空に映えてきれいでした。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
写真を撮りに来ている人が4,5人いました。(自分も含めて)
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
クロガネモチかな
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
雪吊り、この程度の雪じゃ、役に立たない。
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
冬景色
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
冬は、かもも沢山います。
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
福寿草
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
マユミの実、 ↑雪前 ↓雪後
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
どっちが白い?
 
 
 
 
イメージ 3
 
ミコアイサのメス
 
 
 
 
イメージ 4

イメージ 1
 
日本一のお地蔵さん
一つの岩から掘り出したお地蔵さんとしてはに日本一らしいが。高さは約4メートル
武家屋敷群のすぐ近く。
 
 
出水の武家屋敷群
 
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された武家屋敷
島津家は薩摩の玄関口としてこの出水を重要な拠点と考えて武士を集めたようです。篤姫が江戸のお腰入りの時にもここを通っていかれたということや、参勤交代の重要な街道であったことでも知られます。
NHKの大河ドラマ篤姫でも何箇所かで撮影が行われました。
 
イメージ 2
 
 出水保育園、屋敷群にはいるとすぐ目に入ってきた古い建物。
 
 
イメージ 12
 
現在武家屋敷の中を公開しているのは2箇所、その一つ「税所邸」
ここは最近公開になったばかりの屋敷。
ボランティアのかたが丁寧に説明をしてくれました。特に武士の心得について現代でも政治家に聞かせたいと言うようなお話でした。
「出水兵児修養掟」と言うものです。兵児というのは武士の青年のことで若い武士に武士の心得を説いたもの。
 
 
イメージ 6
 
 
「士ハ節義を嗜み申すべき候」 節義とは偽りを言わない、私事を考えず、心素直にして礼儀正しく。
下を侮(あなど)らず、人の艱難を見捨てない、人の悪口を言わない、ものの哀れをしり(人の苦しみや悲しみを知る)、情を持ちなさい。というような内容でした。士を人と書き換えれば現代の私たちに通じるものだとお話をしてくれました。
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
現在2箇所が公開されていますが、こちらは篤姫のロケにも使われた「竹添邸」
ボランティアの方は女性で、全部屋開けっ放しなので寒いということをおっしゃっていました。
ここは以前から公開されているので町のジオラマがありました。
 
 
 
イメージ 9
 
 裏庭
 
 
イメージ 10
 
 室内(こちらは税所邸と違って庶民的な感じ)
 
 
 
イメージ 11
 
 
 篤姫は物語の中で「クロガネモチのような女性」と言われました。
大きなクロガネモチの木がありましたし、あちらこちらでクロガネモチが赤い実をつけていました。
 
 
イメージ 3
 
 大きいですね。篤姫の実家和泉(出水の名前の由来となった)島津家の庭にクロガネモチがあったとか。
南国の木なんでしょうか、随分と大木になっていました。
 
 

 
ここは「野田郷歴史街道」にある屋敷跡。現在は建物は使われていませんが、門は残っています。
この屋敷群、建物は残っていなくても門は沢山残って屋敷群の名残を見せてくれます。
 
 
イメージ 4
 
NHK篤姫ロケの行われた場所です。
参勤交代の重要街道でした。
 
 
 
イメージ 5
 
 そんな古い建物の中にカトリック教会、平屋で雰囲気を大切にした建物でした。
 
 

↑このページのトップヘ