四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

2012年05月

イメージ 1
 
キンポウゲ
(ウマノアシガタ)
 
Ranunculus japonicus   Ranunculus : キンポウゲ属           
          japonicus  : 日本の                 
  Ranunculus(ラナンキュラス)は、ラテン語の「rana(蛙)」が語源。            
  かえるがたくさんいるようなところに生えるから。
         (季節の花300より引用させていただきました)
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
 
根のところの葉が馬の足型ににているから?
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 

 
オオキンケイギク
 
今とても目立つ黄色い大きな花、キクとは思えない。
 
オオキンケイギク(大金鶏菊、:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではワイルドフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている
 
栽培しなくても、自然に増えていくようで、毎年夢の島では数が増えいるようです。葛西にもありましたし、皇居のお堀にも増えているようです。駆除するにはかわいそうなくらい綺麗ですしね。
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
そのそばに沢山あった大型のマーガレット
 
 
イメージ 12
 
いくらでもあるので切って、生け花にしましたよ。
 
 
イメージ 13
 
 
昼咲き月見草も群生しています
 
 
イメージ 14
 
 
ハルジオンですが、色が薄紫でとても綺麗でした。ヒメジョオンが咲き始めてややこしい時期ですが、6月になるとハルジオンはなくなります。
 
 
 
イメージ 3
 
ノイバラ
 
ノイバラ(野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。
 
 
 
 
初めて見たトホシテントウムシ
 
益虫と思っていたが、害虫の天道もいた。ジャガイモやナスに大発生する。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 

 
ツバメの営巣
 
イメージ 6
 

イメージ 1
二之宮
 
  三社祭り  
 
三社祭り、浅草神社の本社みこしは3基ありますが、今日は二之宮です。
三基はそれぞれ朝の6時過ぎに宮出しされて、1日別々の渡御をします。二之宮は浅草神社の北西方面の町内を廻ります。最初のアップした三之宮は神社の南方面を渡御(巡幸)します。
二之宮、一之宮は神社の北方面で、浅草でもずっと下町の雰囲気が残るところです。
二之宮を先導するのは警察の警備車でした。
 
 
イメージ 4
二之宮
 
 
 
 
イメージ 5
二之宮
 
 
 
イメージ 6
 
右ののぼりの立っている神社が浅草神社。むこうの大きな建物は浅草寺本堂
 
 
三社祭り ロングバージョン
長いので飛び飛びで見て下さい。雰囲気を味わってもらえれば結構です。
 
 
 

 
スカイツリーとお祭り広場
 
 
イメージ 7
 
雷門の前は完全に車を遮断してみこしの広場に鳴っています。
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 9
 
浅草寺本堂
 
 
イメージ 10
 
浅草寺山門
 
 
 
イメージ 3
 
境内で行われた江戸神楽
 
 
 

イメージ 1
 
フクロウの幼鳥
 
埼玉県秋が瀬で孵化した3羽のフクロウの雛。2羽と親しか確認できませんでしたが、初めて見た鳥です。
親はチラッと存在の確認のみでした。雛は2羽だけしか見えませんでした。前から来ている方は確認をしているそうです。
近所のアオサギのところも3羽雛がいたのに、今日は2羽しか見えませんでした。鳥がきちんと育つのは大変なことです。
 
 
イメージ 2
 
午後になり風がメチャメチャ強い!!! が鳴った後で、北風が強くなった。
 
 
イメージ 5
 
池にはスイレンが綺麗
 
 
 
イメージ 6
 
 
強風に耐えて、木にしがみついているフクロウの雛
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 

 
ヒメウラナミジャノメ
 
イメージ 8
 
 
ヒメウラナミジャノメ
 
 
イメージ 9
 
 
ハナウドホソヒラタアブ
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
青空に放った花火のよう
 
 
子供の森では、幼稚園の子供達、この後激しい雷雨になりましたが、大丈夫だったかな。
 
イメージ 3
 
 
 
ドラマの撮影かな、ピーター・バラカン氏
 
イメージ 4
 
とてもいい雰囲気の公園、森でしたが草刈の機械の音がうるさかった。もっと静かな森に行きたかった。
秋が瀬の写真はまだありますので次回お楽しみに。
 

イメージ 1
 
東京スカイツリーが今日開業
 
あいにくの本格的な雨となりました。でも昨日は金環日食で1日ずれていたら日食も見えないので、まあよかったかな。挨拶の中で「ツリーに雨も必要、雨降って‥」というのが無理やりですがありましたね。
我家の玄関から見たスカイツリーです。雨なので外に出れないので12階からです。
雨にボケて、ライトアップも30分足らずで中止となったようです。エレベーターも一時停止したとか。なにかしらあるものですね。 5月22日
 
 
 音楽はドビッシーの「月の光」、月はなかったですけど。
 
玄関の廊下から撮ったものです。
 

 
三社祭り 2012
 
今日は三之宮を紹介。
三社様は三人の猟師を祭っている「浅草神社」の祭りです。
昔は浅草寺と一緒の祭りであった時代もあるようですが、浅草寺の隣にある「浅草神社」の祭りです。
 
 
イメージ 2
三之宮
 
HPにはこうあります。
推古天皇の三十六年三月十八日のことでした。
 漁師の桧前浜成・竹成兄弟が隅田川で漁労に精を出していましたが、その日に限り一匹の漁もなく網にかかるのはただ人型の像だけでした。幾たびか像を水中に投げ捨て、何度場所を変えて網を打ってもかかるのは不思議と人型の像だけなので、最後には兄弟も不思議に思い、その尊像を捧持して今の駒形から上陸し、槐(えんじゅ)の切り株に安置しました。そして、当時、郷土の文化人であった土師真中知にこの日の出来事を語り、一見を請うたところ、土師氏は、これぞ聖観世音菩薩の尊像にして自らも帰依の念心仏体であることを兄弟に告げ、諄々と功徳、おはたらきにつき説明しました。
 
この猟師三人がやがて神として祭られるようになりました。
 
土師真中知の没した後、間もなくその嫡子が観世音の夢告を受け、三社権現と称し上記三人を神として祀ったのが三社権現社(浅草神社)の始まりであるとされています。
 
 
イメージ 4
 
今日は、その三之宮をアップします。動画には3つの神輿が登場します。
 
 
 
イメージ 5
お囃子
 
 
 
 
ショートバージョンです。13分のロングバージョンもありますが、次回アップ。
 
 
 
 
イメージ 6
 
町内にはバラの花もあちこちで咲いていました。
 
 
 
イメージ 7
三之宮
 
 
 
イメージ 8
三之宮
 
 
 
イメージ 9
三之宮
 
 
 
 
イメージ 10
三之宮
威勢いいね!元気もらいましょう。
 
 
 
 
イメージ 3
 
これは雷門前の「お祭り広場」のみこしで、町内神輿です。
 
 

イメージ 1
これのみ大きくなります。(遮光メガネを通して撮った写真)
 
 
金環日食見えましたか
 
金環日食見ましたよ。もうすこし雲がないと良かったが、贅沢は言えませんね。
平安時代以来の規模といいますから見れただけでいい。雨とか厚い雲で見えなかったら折角買った眼鏡が無駄になる?6月6日にもう一度使えるそうです。
 
 
イメージ 3
 
雲の向こうですが、そろそろ金環が終わりころ。
高田馬場で撮影。8時からの仕事前。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
終わりに向かう。そろそろ仕事の時間でした。
 
本当は三社祭の予定でしたが、今日は特別版。

↑このページのトップヘ