四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

2013年01月

イメージ 1
 朝の9時ごろ
 
富士と鉄塔のある風景
 
聖蹟桜ヶ丘にある都立桜ヶ丘公園
昨日はお休みでしたので、ここに行ってきました。年に何度か行きますが、今年はウソが来ているということで、ウソと毎年見るルリビタキのオスの青い鳥を見に行ってきました。
幸い両方とも見られましたのでよかったのですが、夕日の沈むのを待っていると惜しいことに1,2日違いでダイヤモンド富士だったということがわかりました。
「昨日(おととい)はカメラマンがいっぱいいた」そうなので、惜しい日でしたが富士と夕日を撮ってきました。都心は今日まで見られたとか。
鳥は後日お届けします。美しい富士と鉄塔のある風景、大好きな風景です。なぜか鉄塔って好きですね。(ちなみに今回はガビチョウに出会えませんでした)
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 5
 
 聖蹟記念館
 
 
 
イメージ 6
 
アオゲラ
 
 
 
イメージ 7
 
 メジロとびわの花
 
 
 
イメージ 8
 
このアングルで毎回撮る場所。
 
 
 
 
イメージ 9
 
 ウソ(オス)
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
上の写真とは場所を変えています。こちらからは電線鉄塔はありません。
 
 
ダイヤモンド富士は今日までのようでしたが、今日はインターネットを光りに変える工事で出かけられなかったです。
無事に遠隔操作で設定をしてもらいましたので、こうしてブログも更新できました。自分で出来るとプロバイダーの説明でしたが、実際には自分では難しくて無理でした。
今までより早くなるのでしょうか。

さだまさし40周年コンサート
 
昨日はおしゃべり、今日は歌と2日間を一つの大きなコンサートにした。
私は初めてでしたが、家族4人で行ってきました。楽しい3時間でした。6時にスタートして終わったら9時は過ぎていました。
有楽町「国際フォーラム」で開催。観客の平均年齢は高いですが、結構若い女性もおおかったですね。
 
イメージ 1
国際フォーラム
 
 
イメージ 2
 
 
 
風に立つライオン(アンコール曲)盛り上がった最後。
 
 
 

 
 
東京藝大卒業作品展
 
31日まで開催中の展覧会。都美術館と本校で開催中。昨日の続き、工芸とデザインの一部です。
 
 
イメージ 5
 
それぞれ作家(学生)が作品について説明をしていました。
完成度が高い作品が多く、すぐにでも商品化できるものが多かった。
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
これは照明で、影を使った作品。面白いアイデア。
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 12
 
針金でできた椅子など
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 

イメージ 1
 
 
哲 学 堂
 
ここにはルリビタキが1羽います。メスかと思ったらどうもオスの若鳥のようです。
なにか餌付けされているようでいつも同じところに現れます。ジョウビタキ、シロハラ、メジロ、シメがやってきました。まだ今季は青いルリに会えません。ルリも3年くらいしないとあの綺麗な青にはならないとのことです。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 ルリビタキとメジロ
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
ウグイスも時々出てきますが、まともに写真が撮れない
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
キクイタダキも来ました。
 
イメージ 8
 
 
多いのはメジロ、ヤマガラ。
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 11
 
 

 
都美術館
 
 
昨日は都美術館で書展を見た後、開催中の東京藝大卒業作品展の一部(デザインと工芸)を見てきました。
 
イメージ 12
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
1月31日まで開催中、都美術館と本校で開催、今年は本校でも展示あります。
明日は国際フォーラムでさだまさしコンサートへ行って参ります。

イメージ 1
「光と風の広場」 大きくなります。
 
 ア カ ゲ ラ 
 
一週間前になります。まだ大雪の残る千葉県21世紀の森と広場へ行ってきました。1時間もかからずに行けるところですが、今度で2度目、しかも朝から行くのは初めてでした。野鳥のスポットとい言うところではありませんが、当然豊かな自然があるので野鳥も期待できます。
今回も野草園の裏側(立ち入り禁止)に、アカゲラが出るというので、昼頃その近くで待ちました。すると大きな木を叩く音がします。探してようやく発見。まとものアカゲラを見るのも撮るのも初めてです。大きなキツツキでした。
自然観察舎もありますが、そこからはあまり野鳥をみることが出来ませんでした。オオタカが2度遠くで飛んだのが見えた程度。サンカノゴイがいるということで探しましたが、この日は見えませんでした。
 
 
イメージ 2
 
まだ広場には雪が厚く残っています。沢山の野鳥にも会いました。
 
イメージ 3
アカゲラは、キツツキ科の鳥で20センチほどある大きな鳥、主にはこのように枯れた木にいる虫、昆虫などを探す。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
この日にあった鳥
エナガ、シジュウラ、キクイタダキ、コゲラ、アカゲラ、カルガモ、マガモ、オオバン、コガモ、ヨシガモ、カイツブリ、メジロ、アオジ、カワセミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ジョウビタキ、モズ、コサギ(サギは1羽しか見なかった)、カラス群れ、カワラヒワ、マヒワ(群れ)、ヤマガラ、ルリビタキ、ヒヨドリ、シメ、キジバト、オオタカ若、(ドバト、スズメは記憶なし)。  
ドバトやスズメは人家に近いところにいる鳥ですね。野鳥の少ない公園のようですが、これだけ会えれば文句は言えません。午後4時過ぎには閉門になります。入場は無料なのが良いですね。
 
 
イメージ 6
 
後頭部が黒いのでメスだと思います。オスは後頭部にも赤が見えるはずです。
 
 
 
 
イメージ 7
 
ここは大町自然観察園、八柱霊園に近く、野鳥も多いと思うのですがあまり話題にはならない公園です。
 
 
 
イメージ 8
 
 
バリバリ!! バリバリ!!
 
 
イメージ 9
 
なんという馬力でしょうか。こんなに力があるんですね。

イメージ 1
 
大ウソ
 
亀戸天神の本殿には大きなウソが鎮座していました。
昨日の続き②です。今日はたっぷりと鳥のウソです。
 
太宰府天満宮のお祭りのとき、害虫を駆除して縁があるそうです。野鳥は虫でも食べますが桜の芽が好きですね。鷽という字が学に似ているところから学問の神様天神様とつながりがあるとされます。(HPより)
 
材木に付く虫を食べるためと、『』という字が学の旧字『』に似ていることから、太宰府天満や亀戸天神社では「天神様の使い」とされ、鷽を模した木彫りの人形「木鷽」が土産の定番となっている。この木鷽を使った鷽替え神事も菅原道真を祀った大きな神社の定番である。(ウィキ)
 
下のウソは「湯島天神」のウソ。上野にある五条天神社はお札です。
イメージ 2
湯島天神社のウソ、亀戸とはすこし違います。2日目の午後1時に全部売り切れたそうです。まあ縁起物で商売ではないので、仕方ないですね。予約はできないとのことです。
やっぱりきちんとお参りして何ぼのものなのでしょう。
 

 
ウソ
 
ウソ、学名:Pyrrhula pyrrhula)は、スズメ目アトリ科に分類される鳥の一種である。名の由来は口笛を意味する古語「うそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから名付けられた。その細く、悲しげな調子を帯びた鳴き声は古くから愛されている。(ウィキ)
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 9
アカウソ?
 
 
 
イメージ 10
左は「アカウソ」
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 4
 

↑このページのトップヘ