四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

2015年01月

イメージ 1
大きくなります
 
 日比谷公園

冬は鳥ばかりですが、今日もよろしくお願いします。
日比谷公園に来ているシロハラ、ここは人が多いので人に慣れたのでしょう。2M位に近づいても平気です。ミミズでも与えれば手乗りするかも??
都会から離れると同じ鳥も警戒心が強くなり、人の姿を見ただけでも逃げるものですが、都会っこは違います。
 
イメージ 2
 
 

 
イメージ 3
 
 それにしても太ってますね。寒さ対策でしょうか。


イメージ 4

この芝生に来るのは、スズメとムクドリの群れ、時々ハクセキレイくらい。
日比谷公園も都内の野鳥の来る公園として有名。
カワセミは、年間通してみることができます。(来ないときもあります)
ジョウビタキ、シロハラ、メジロとシジュウカラ(通年)、カラス、時にはルリビタキ、ハクセキレイ、カルガモ、キンクロハジロ、コサギ、アオサギ、ダイサギなど、都会なのであまり珍しい鳥は来ません。夏はチョウなどの昆虫も多く、その楽しみもあります。 


イメージ 5
公園の歩道を横断するシロハラ






シジュウカラは、枯葉の下に落ちている木の実などを探します。
イメージ 6



ここにもシロハラ
イメージ 7
シロハラ 別の個体



イメージ 8
松本楼と首かけ銀杏



イメージ 9



イメージ 10
カラスの凶器、この爪、これじゃ猛禽もたまらないわけです。


イメージ 11


透明人間現る!
テニスコートの横、見物用のベンチに……
イメージ 12
作為的に置いたものではありません、念のため。


イメージ 1
大きくなります。  シメ


野川公園はシメが多い

三鷹市野川公園、武蔵野公園~多磨霊園付近はシメが非常に多く、どこにあるいてもシメに会えます。一昨日は木場公園でもシメをみましたが、今年は普通の数が来ているようです。シメにまったく会えない年もありましたが、今年は順調にきているようです。野川は、下流に向かうと神代植物公園へとつながっている川で、武蔵野の自然の豊かな土地を潤しています。

イメージ 2

シメの背中の色もとてもきれいで、バックシャン。


イメージ 3




イメージ 4
右側が自然観察園ですが、残念ながら月曜日はお休み。



イメージ 5
左の建物が自然観察センター



イメージ 6

ここには、1年間を通じてカワセミがいます。


イメージ 7



カワセミはなかなか飛んでいるのを撮るのは難しい。シメとカワセミ



イメージ 8
ソシンロウバイ、満開に近い。



イメージ 9
ツグミもこういうポジションだときれい。



イメージ 10
野川公園の真冬の林。



イメージ 11
コゲラのオス、コゲラのオスメスの判別は頭の赤いしるし。


イメージ 12
シメによく似たイカル、でも数は少ない。



イメージ 13
野川公園から多摩川線をくぐり、武蔵野公園へ向かいます。上にコサギが。

今日は大寒とか、芯から冷えるようですが、東京はお天気に恵まれています。北は冬はお天気の悪い日が多いようです。大雪のところもあるようですね。北海道は白銀の世界、それでも意外と雪は少ないとか。春はどこから来るのでしょうか。
少しでも早く春をお伝えできればと思います。


イメージ 1
大きくなります


白い肩のムクドリ

正式にはカラムクドリ、確かに肩のところが白い。英語ではホワイトショルダームクドリ。本州では迷鳥として非常に珍しいようです。1羽だけいきなり住宅地の中で発見、大勢のカメラマンが住宅地に集結して、何事かと思われたでしょう。

イメージ 2






イメージ 3



イメージ 4
住宅地なのでこんなところにも止まりました。絵にならないですね。



清澄庭園から

イメージ 5

お正月風景、フクジュソウの開花はもう少し。


イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8
ボタンが美しい。

イメージ 1
大きくなります


イカル

都立野川公園、この日はなんと観察園は休み。ガックリしていましたが、自然公園の一番端、西武多摩川線の鉄橋の近くにある観察窓。実際にこの窓って役立つのかと思って覗いたら、なんと2度目のイカル。
最初にイカルを見たのは数年前、都立桜ケ丘公園でした。今度で2度目の出会いでした。長年会いたいと願っていました。

イメージ 2

この鳥も体の色がウソのようにとてもきれいです。くちばしの色に特徴があります


イメージ 3

スズメ目アトリ科鳥類である。木の実を嘴(くちばし)で廻したり転がしたりするため古くは「マメマワシ」や「マメコロガシ」、木の実を好んで食べるため「まめうまし」、「豆割り」などと呼ばれた。イカルという名の由来は奈良県の斑鳩とも鳴き声が「イカルコキー」と聞こえるからとも言われるが、定かではない。(ウィキ引用)

イメージ 4



イメージ 5

数羽の群れでいますが、時々シメが混ざって??と思うことも。よく似ています。


イメージ 6
シメ




コサギも、近所で毎日のように見ていても、こうして違う場所で見ると美しい。

イメージ 7

こういう場所です。
窓を覗くと地面に動くものが?ということで見つけました。一応観察室ですが、よこは金網、これで大丈夫なのかと思っていましたが、意外と大丈夫。
カメラと望遠レンズはこんな感じでです。

イメージ 8

イメージ 1
大きくなります  武蔵野の森公園


アメリカヒドリガモ

13日はお休みでしたので、三鷹にある野川公園へいってきました。西武多摩川線で「多摩」でおります。多磨霊園にちかい駅です。
そこから武蔵野の森公園へ行きます。そこから野川公園~武蔵野公園~多磨霊園~最後は浅間山(せんげんやま)へ向かいます。

イメージ 2


武蔵野の森公園には調布の飛行場があって、ひっきりなしに小型の飛行機が離着陸しています。そのそばにちいさい池(沼)があり、そこにたくさんのヒドリガモ。
それに混ざってアメリカヒドリガモとそのハイブリッド(混血種)が結構いました。

イメージ 3
大きくなります  左がアメリカヒドリガモ、右がそのハイブリッド



イメージ 4
これは普通のヒドリガモ
頭が茶色いのが普通のヒドリガモ。


イメージ 5
頭の左右が緑なのがアメリカです。茶色い中の一部が緑なのが混血種(ハイアブリッド)になります。


イメージ 6

アメリカは、珍しい種類なので、あまりカモの写真を撮らない方でも撮るほど少ないかもです。


イメージ 7

カモを見ていると、頭の上ではノスリとカラスの戦いの場面。
大体こういうときはカラスが勝。

イメージ 8



イメージ 9



動画の中では、カラス対ノスリの戦いが見られますよ。


イメージ 10



こちらは戦闘機?
イメージ 11

武蔵野の森公園では、カラス、ノスリ、メジロ、シメ、ヒドリガモ、シロハラ、ツグミなど。この後の野川では久しぶりにイカルに会いましたので、次回アップ予定。



↑このページのトップヘ