四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

2015年02月

イメージ 1
夢の島(夢の島公園より京葉線をこえた奥になります)

ウミアイサ

イカルの記事でアトリと間違えて書いてしまいました。アトリの動画の編集をしていて頭にアトリが入っていてミスしました。イカルは、今季は2度目の出会いでした。
出会いといえば、オスメスつがいでなかなか出会えなかったウミアイサに出会いました。しかも2カップル。

イメージ 2
大きくなります



イメージ 3
頭の茶色いのがメス、右がオス


イメージ 4

オスは結構気が荒いのか、遊んでいるのか?
ディスプレイをするところを見ると恋争い?

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

おれの彼女に手を出すな!あ、手ないか。
イメージ 8

なにしてんでしょうね?
イメージ 10

どう、恰好良い?
イメージ 11


イメージ 12
ディスプレイ



どっちが早いか、競争だ!
イメージ 9
大きくなります


イメージ 13

夢の島は地下鉄「東陽町」からバスで10分くらいですが、ウミアイサの来るところは京葉線「新木場」から荒川の川岸の岩礁のあるところ。3月以降になるとチュウシャクシギやキアシシギ、キョウジョシギが群れでやってくるところ。夢の島公園のずっと奥になります。
対岸に葛西臨海公園が見え、遠くには房総半島も眺めることができます。



イメージ 1
水上公園

イカル

川越市の公園で、イカルが300羽の群れが来ているといううわさでしたので、まだ残っているかと思ってきました。
河川広場に群れていると言います。ところが、朝10羽ほどきましたが、1日待って結局それ以上は来なかったので、抜けたようです。
シメとモズが多い公園。葦のなかからキジの鳴き声、空にはチョウゲンボウ。特にシメが多いですね。

イメージ 2
大きくなります


JR川越線で「川越」から一つ目、西川越で降りて、徒歩で15分くらいで到着します。最初にみた鳥はモズでした。帰りも最後はモズでした。

イメージ 3
河川広場



イメージ 4
大きくなります


イカル、300は無理ですがこれだけ見れればまあ、仕方ないですね。

イメージ 5




イメージ 6
大きくなります






イメージ 7




イメージ 8
モズ



イメージ 9
シメ



イメージ 10
桜並木

満開になったら素晴らしい風景になりそうです。今年は時間があればここに来たい。(期待)。
公園全体を同じくらいの大きさの桜が囲んでいますからきっと絵になりますね。
この日はあいにくの曇天。4時までに帰らないといけないので、ほかに移動せず、ずっと同じところで待っていました。その間、80位の男性が声をかけてきました。
近所の方で、いちもこの公園を散歩しているとか。そこで鳥の話をしましたら、とても興味深く、鳥の面白さを知ったようです。橋爪さんという方でした。
イカル、モズ、カワウ、メジロ、水鳥などの話でした。食べるものや生態、姿形など興味深そうに聞いてくれました。
こういう出会いが面白いから、出かけると楽しいものです。



桜開花

桜といえば、地元木場公園の河津桜が開花しましたよ。早咲きは8分咲き。中間咲きは今2分咲き。遅咲きはまだつぼみ。

イメージ 11
中間咲き


イメージ 12

そろそろメジロもやってきます。

イメージ 2
大きくなります

秋ヶ瀬公園ヒレンジャク

浦和からバスで15~20分くらいでしょうか「さくら草公園」で降りてすぐ。冬はたくさんのバーダーが見える有名な場所。東京、埼玉の人気観察公園です。近年はフクロウが来て話題となりました。秋ヶ瀬橋側炊飯場というところから野鳥の森に沿って歩いていきます。野鳥園の手前を入り、子供の森へ行きます。ヒレンジャクのいるのはこの子供の森。

イメージ 3

大きくなります

鳥の多いのは「子供の森」です。「野鳥の森」や「野鳥園」の中には入れませんが、ホームレスの人が住んでいるようです。夕方になると森のなかから炊飯する煙が見えます。ピクニックの森にも鳥は多いです。フクロウが来るのはこのピクニックの森。ここも小鳥が多いところです。
今回であった鳥は、ヒレンジャク以外ではウソ、シロハラ、ツグミ、アカゲラ、アオジ、エナガ、シジュウカラ、メジロくらいでした。


イメージ 4

ヒレンジャクの上の塊は寄生木です。この寄生木の実を食べにやってきます。もちろん大きな寄生木の木は、ほかにたくさんあります。


イメージ 5

寄生木の実を咥えています。


イメージ 6






イメージ 7

尾の先の色が赤いのでヒレンジャク。黄色いのはキレンジャクですが、圧倒的にヒレンジャクが多くてキレンジャクはなかなか見られません。
レンジャクは渡りの鳥です。

イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10


下の写真を見てください。1枚目の写真もそうですが、ヒレンジャクの長~い伸びたふんを見てください。
ここら辺は寄生木がとても多い、それはこのヒレンジャクのふんのせいです。
べとべとしたふんが地面に落ちないで木の枝や幹に付着します。それで寄生木が増えるのです。

イメージ 1
              長~~~い糞。
自然の営み。寄生木の知恵なのでしょう。黄色い実はべとべと粘着力があるのでしょう。こうして自分の子孫を残し、増やしていく。私たちもこの木があるかぎり、毎年彼らと出会うことができます。


イメージ 11



イメージ 12
美し風景も(公園の中間地点)



ウソも2羽いますが、1羽はアカウソか?メス?

イメージ 13

イメージ 1
大きくなります カワラヒワ、オオカワラヒワ、アトリが混在

代々木公園

JP原宿を降りると、2分で公園入口へ。都会の公園なので鳥なんかあんまりいないと思っていましたが、冬のこの時期に行ったのは初めてでしたので、あまりに鳥が多いのでびっくりしました。一部ですが紹介していきたいと思います。
去年はテング熱で大変なことになった公園ですが、今は静かで、特にそういう看板も今はなく。去年のことを忘れるほど。


イメージ 2


バードサンクチャリー周辺に鳥は多く、ヤマガラは手乗りします。
シロハラ、ジョウビタキ、アカハラ、アトリ(群れ)、カワラヒワ(群れ)、オオカワラヒワ、ノスリ、オオタカ、ドバト、シジュウカラ、キジバト、ハクセキレイ、キセキレイ、ムクドリ、カラス(群れ)、メジロ、カワセホンセイインコ、カワセミ、スズメ(群れ)、シメ、ツグミなど。原宿から入り、中心部分は人が多いのですが、日本航空発始の碑付近に多い。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5
可愛いヤマガラ


イメージ 6
大きくなります


イメージ 7
ミモザも黄色いつぼみになってきました。


イメージ 8



イメージ 9
しあわせの像


イメージ 10
アトリ



イメージ 11
シメ




イメージ 12
オオカワラヒワ


イメージ 13



イメージ 14
ジョウビタキ♂


疥癬皮膚病の狸、後ろ半分毛が抜けています。
最近、都会や森にいる狸にこの病気が流行しています。
イメージ 15




ホウジロガモ

上野不忍池に未だに滞在中(もう2か月以上)
この冬はここで越冬するようですね。どうやら若い♂らしいです。

イメージ 16

イメージ 5
大きくなります

★速報です!
秋ヶ瀬にヒレンジャ到着

秋ヶ瀬の寄生木に14羽ほどのヒレンジャク。キレンジャクは確認できませんでしたが、とりあえず動画の編集がまだできないので、お知らせだけです。彩湖のほうにはまだのようです。
3月になると本格的、その前に寄生木の実がなくならないように。

イメージ 1
オオイヌノフグリも満開に。


イメージ 2
ヒメオドリコソウは、またぼちぼち。


イメージ 3
おなじみエナガが近くに来てくれました。


イメージ 4
アカゲラも人気者


↑このページのトップヘ