P4610780_edited-1
ナンジャモンジャ
ヒトツバダゴ。ナンジャモンジャという別名があるのはほかにもあるようですが、なんといってもこのヒトツバダゴが一番でしょう。
P4610800
日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト)に指定されている。天然での分布域も狭く、長野県愛知県木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生しており、それぞれの県のレッドデータブックに掲載されている。長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されている。(ウィキぺデア)
P4610810
絶滅危惧種とは知りませんでした。近くでは木場駅前に1本大きな木があります。荒川自然公園にも大木があります。上野の普通の公園にも大きな木があり新聞で話題になったこともあります。夢の島には大きな木が2本、小さい木が3本ほどでしょうか、植えられています。最近は公園でも結構見られると思います。
 
ナガミヒナゲシ
今、道端で一番目立つのはこのオレンジの花じゃないでしょうか。日本では帰化植物として輸入穀物などに紛れてきたと言われます。1961年に東京世田谷区で初確認。今や全国に飛散。1個の花の果実から1000~2000のタネがまかれるので爆発的に増えるそうです。
P4610744

P4610747

ジシバリ
地縛り 細い茎が地面を這って茎のところどころから根を出して育つ様子からついた名前と言われます。別名はイワニガナ、茎を切った時の汁が苦いから。似た花でオオジシバリというのがあるそうです。こんどよく観察してみます。
P4610763

P4610771

P4610877

ベニシジミ
暖かくなると蝶が活発に動きます。アゲハ蝶も2頭見ましたし、シジミチョウも飛んでいました。
P4610818

ブタナ
この黄色い花も各地でたくさん見られるようになります。タンポポモドキと言われて花はそっくりですが、背が高いので間違えることはないと思います。ヨーロッパ原産で豚菜というのも豚のえさと言われるように食用になるとされています。根っこはハーブティーとして飲用されることもある。群生しているところが多いと思います。
P4610833

P4610882

ホソエガラシ
アブラナ科で南ヨーロッパ原産の帰化植物、外国では食するところもあるようです。似たような雑草もありますが、葉の形で判別できます。特徴的な葉の形。
P4610889

P4610898_edited-1

P4610910

密になっていませんか?