P6340796
都民の森の野草・前編
標高が1000m少しの森、三頭山の登山口でもある。
この時期はスミレが多く三頭山はスミレの山ともいわれます。
高尾よりも種類は多いかもしれませんが、時期が難しいです。
今回は少し早かったかなと思います。エイザンスミレなど葉が多くでていました。
もっともすっかい咲きだしたスミレもあります。スミレは後編で紹介。
ヒトリシズカ
P6340642_edited-1

ヤマトリカブト
P6340644
P6350274

ミヤマハコベ
P6340680_edited-1

キケマン
P6340697


P6340716

モミジイチゴ
P6340790

ヤマエンゴサク
P6340812
P6350468
P6340820

フデリンドウ
高尾山でも見られますが、高尾にあるものより小ぶりでした。
P6350221

ミヤマエイレンソウ
P6350248

ワチガイソウ
高尾ではワダソウというよく似た花もありますが、高尾にはない花です。
今回都民の森で見た野草ではぴか一の可愛さでした。
日本では本州(岩手県以南)、四国、九州に分布し、山地の夏緑林の林内や林縁に生育する。
P6350464
和名ワチガイソウは、「輪違草」の意で、本種の名前が不明であったとき、その盆栽に無名のしるしとして「輪違いの符号」をつけておいたところ、そのまま「ワチガイソウ」となったという
P6350629
P6350638

ハシリドコロ
今の時期、一番あちこちで見られたのがこの花でした。(毒性あり)
P6360355
別名、キチガイイモキチガイナスビオニヒルグサヤ

ヤグルマソウ
P6360363

大滝のそばまでの道はこんなに整備されています。
P6360393

ヤマシャクヤク
まだつぼみです。
P6360437
前編に登場する野草は
ヤマブキ、ヒトリシズカ、ミヤマハコベ、フッキソウ、ムラサキケマン、キケマン、ヤマエンゴサク、
ワチガイソウ、ハナネコノメソウ、ミヤマエンレンソウ、コチャルメルソウ、ハシリドコロ、
フデリンドウ、ニリンソウ、カタクリ、シラネアオイ


後編に続く。