P5650811
絶滅危惧種
アケボノソウ


P5680132
西武秩父線
芦ヶ久保駅から芦ヶ久保果樹園の中を通り
埼玉県民の森へ山登りです。


P5650846
登山口


途中にあった大日如来
賽銭も残っています。
P5660083


狸が拝みに来たようで葉が1枚おいてありました。
P5660086



P5670053


あちこちでセンブリの花が咲き始め
P5660660


トリカブト
去年来た時にはなかったです。
P5670104


アケボノソウのある場所
が!
P5670132


あったのは1株だけ
P5670126



P5670148



P5670168



P5670176-_edited-1
アケボノソウ (学名:Swertia bimaculata)は、リンドウ科センブリ属の越年草です。
日本では北海道から九州まで幅広く分布している山野草です。 キツネノササゲ、
ヨシノソウ、ヨシノシズカという別名を持っています。
センブリ茶のセンブリの仲間です。

センブリはあちこちで見かけましたよ。

P5670395


管理事務所
聞きましたら、今年は1株しか芽が出なかったそうです。
ということは絶滅寸前ということ?
P5670566
高尾にはまだ30株くらい群生しています。
大事にしていきたいですね。
また、高尾に撮影に行きます。