四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

カテゴリ: 野鳥

P3890220
9月に入って初めての秋晴れ
昨日の午後は別用でこちらに行きましたので
青空を提供します。
ここは埼京線の浮間舟渡という駅の真ん前にある池です。
冬になるとたくさんの水鳥が渡って冬を過ごします。まだ1羽もきていませんでした。
P3890245

ダイサギ
P3890168

カイツブリ
P3890134

バンの親子(赤いのが親)
P3890188


P3890222


P3890204

桂の木がすこし黄葉してきました。

P3890196


P3890255

ハトものんびりムード
P3890200


公園の向こう側は荒川です。土手の彼岸花は終わり。
P3890091

P3840325
桜ヶ丘公園
 ヤマガラ 
夏になかなかヤマガラやメジロには会えないですが、高い木の上をヤマガラ
エゴノキの実を取りに来ているようです。
P3840288

 メジロ 
P3840236

P3840233
ヤマガラは人なれしているので近くに来ますが、メジロは遠い。

仙人草
P6810868_edited-1

P6810870

サジガンクビソウ
P6820233

P6820240

タツナミソウ(花後)
P6820312

tatunamisoud-1

クコの実
P6820383

シロヨメナ
P6820368

野草と野鳥・前に紹介した野草もあります。


P6820133

桜ヶ丘公園
ガビチョウ

この鳥を最初に見たのがこの公園でした。キビタキがくると言うので初夏に行ってみたところ、いきなり初めて見る鳥でした。たしか、庭先で何か植えてある花か野菜か何かをつついていたと思います。

調べたら害鳥となっていました。でも、声は実ににぎやかで、いろんな声をしています。ほかの鳥の鳴き真似もします。

もともとは篭脱けといい、飼っていたものが逃げ出して増えたものです。埼玉に旅行に行ったとき、朝早くから大きな声で鳴いていたのを覚えています。これはちょっと迷惑な鳥だなあという印象でした。


P3840425
ガビチョウ画眉鳥学名 Garrulax canorus)はスズメ目チメドリ科に分類される。同属のカオグロガビチョウ、カオジロガビチョウと共に外来生物法特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100定種にもなっている。(ウィキ引用)

P3840378

P3840222

P6820163

P6820171

P3840161_edited-1
左は幼鳥で虫をもらう
P3840173_edited-1

P6810886



P6820814
葛西臨海公園
クリスタルビューの前広場に青海波の花
今年はオリンピックでここがカヌースラローム会場があるので
波に関係ある青海波の形に花が植えられています。
12種類の花が見ごろになっています。
P6820811


P6820846


P6820826


エノキ草
アミガサソウ(茎の小さな葉が編み笠に似ている)
P6820790

P6820789


タンキリマメ
トキリマメと似ていますが葉の形からタンキリとしました。
P6820759

P6820756


美男鬘
ビナンカズラ(サネカズラ)
P6820743
赤いほうが雄花
P6820739
雌花
P6820721


センダイムシクイ
秋の渡り鳥、(旅鳥)南に帰る途中に都内でも見られます。
これから数は増えるでしょう。早い飛来です。1羽確認です。
虫を好む鳥で葉についている昆虫を取ります。
P6820691

P6820681

コゲラ
ここはコゲラは少ない鳥で、比較的珍しいです。
P3840586





 オリンピック 
スラローム会場を解体
P6820633

建設中の時の様子、結局無駄な観客席となりました。
P6730829

P6810861
桜ヶ丘公園
野草とガビチョウ

コバノカモメズル

ガガイモ科の植物、半分以上は終わっていた。
P6820041_edited-1

P6820077


スズメウリ
まだ小さいです。
P6810926_edited-1


ナンバンギセル
寄生植物でススキの根についています。
P6810932

P6810913

ウマノミツバ
葉をみるとミツバですが、食べられないのでウマノといいます。
P6820205

ヌスビトハギ
P6820218

ヤマトウバナ
トウバナの一種で花の付き方で種類が変わります。意外と同定が難しかった。
P6810752

P6810747_edited-1

P6810744

ヒメキンミズヒキ
キンミズヒキの小さい花、地面から低い位置。
P6810705

ガビチョウ
もともとは声がきれいで輸入されたもの。東南アジアでは人気の鳥で飼われているようです。そのため日本にも輸入されましたが、あまりにうるさいので実際に飼っている方はいないのじゃないでしょうか。動物園にもいないです。篭脱けして増えた鳥。面白いのはほかの鳥の声真似をします。私は蝉の声をまねたのを聞いたことがあります。関東が多く、東北より北には行かないようです。
P3840199

P3840191

P3840183




↑このページのトップヘ