四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

カテゴリ: 祭り

P4330001
明治神宮紀元祭
神輿パレード。今朝は午前中、代々木公園に行きました。今日は建国記念日で明治神宮では紀元祭がおこなわれ、表参道ではマーチングバンドのパレードに続いて神輿パレードが行われました。偶然神宮前にいましたので、その様子を撮影しました。祭りはまだ早いですが、みこし、山車を見る事ができて良かったです。祭り好きですからね。
P4330046
2人の子供がひょっとこ踊り
P4330054
明治神宮には氏子がいないので神輿や山車は各地から集まってきます。
P4330205

P4330148
数台の神輿、お囃子で鳥居をくぐり本殿前に行くのではないかと思います。
P4330140
神奈川県川崎から
P4330215

P4330095
順番に大鳥居をくぐります。
P4330126
最後は江戸山車(個人所有)
P4330248

P4330325
最後に山車が鳥居をくぐります。
P4330307
ショートバージョン


警備にあたっていた警察犬、結構人懐こいです。動画はロングバージョンの最後。
P4330298
ロングバージョン(警察犬は最後の部分)



P3920652

10月26日(土)~27日(日)
東北絆まつりと青森の黒石よされを迎えて中野でねぶた祭り開催

2019東北復興大祭典なかの 
26日は夕方5時から東北絆まつりのショート版という感じのパレードがありました。中野駅そばの四季の森公園脇のまっすぐな通りで仙台すずめ踊り、盛岡さんさ踊り、福島わらじまつり、山形花笠まつり、青森よされ、秋田竿燈、青森ねぶたが順をおってパレードしていきます。竿燈は動けないので中央で演じていました。ねぶたは中野では前からやっていたようで今年で8回目となります。東北絆まつりは去年からの参加で、今年は竿燈と黒石よされが追加参加となりました。
P3920658
東北絆まつりは今年は福島で2日間開催、わたしも初めて行ってきました。以前は六魂祭と言われてきましたが、名称が変わりました。東北絆まつりは国立競技場のオープニングセレモニーにも出場がきまり、是非見たいと応募し当選したので国立競技場に行ってまいります。(12月)
P3920640

中野のねぶた
P3920714

青森からのねぶた
P3920739

仙台すずめ踊り(照明がないのでぶれまくり)
P3920589

http://1943-1947nanda.blog.jp/archives/19036282.html
福島の絆まつり
盛岡さんさ踊り
P3920596

山形花笠まつり
P3920609

黒石よされ
P3920617

秋田竿燈まつり
P3920671

P3920680

ショートバージョン


P2580376

西馬音内盆踊り
小雨なら外でやるようですが、あいにくの台風です。体育館での開催の初日、たくさん席がありましたが、観客は少なかったです。わたしたちの席は2階の正面と決まっていましたが、ガラガラなので結構あちこち動きましたよ。(旅行会社からは動かないようにといわれました)7時スタートで10時まで3時間ずっと同じところで見ているのは辛いです。空いていたおかげで左右、1階へと動いて撮影できました。かえって撮影には外よりもよかったかも知れません。初めは子供たちも一緒に踊ります。
30分くらいしてから子供たちは退場、大人だけの演舞となります。

P2580409


P2580444


P2580461
ストロボをたくとこんな感じになります。

P2580910


P2580929


P2590367


P2590388_edited-1


P2590431


P2590456


P2590485


P2590507


P2590524
若い人も多かったですよ。

P2590532


P2590590


P2590669


P2590712


P2590730


P3670896

3時間を短く

P3670765

西馬音内盆踊り
8月の3日間、秋田県羽後町西馬音内(にしもない)で開催される盆踊り。1981年、国の重要無形民俗文化財として指定され、日本の3大盆踊りとして知られるようになりました。個人的には去年風の盆(富山)に行って、検索していたら知った盆踊りです。阿波踊り、郡上踊りと並んで日本の3大盆踊りとは知りませんでした。しかも難読地名でどうしてにしもないと呼ぶのかと思いました。西の方から馬の声が聞こえてきたからとか諸説あるようです。今日はそんな盆踊りを紹介したいと思います。

P3670710
上の2枚の写真は体育館の隣のセンターで、クラブツーリズムのお客さんだけにイベントで保存会が演舞してくれたものです。この後、わたしたちに踊りかたを教えてくれましたが、30分で覚えられるものではないですが、手や足の動きを教えていただいてよかったです。
動画でダイジェスト

踊りの起源は、1288~93の頃、西馬音内御嶽神社の境内で豊年満作の踊りが始まってと言われますから700年以上の歴史のある踊りです。1971年秋田県の無形文化財に指定、1981年国の重要無形民俗文化財に指定、海外にも進出しています。音楽を聴いていると鐘(鉦=しょう)の音が何となく祇園祭のコンチキチンに聞こえます。踊りも上方風だと言われますから、秋田とはいえ上方の影響があるのでしょうか。

P2580354

16日夜から18日夜11時半まで行われます。ツアーはこれが目的なので終演まで見てからホテルに行きますからホテルに着くと夜中です。初日の16日は台風の雨のため体育館で行われました。風の盆は学校の校庭でぐちゃぐちゃの足元に合羽着て1時間程度でしたから、こちらは天国です。丁度お囃子の正面に陣取り、しかし暑いのでみんなあちこち移動していました。今日は少し説明をします。本番の演舞は次回紹介です。

囃子方、笛、大太鼓、小太鼓、三味線、鼓、鉦(鐘)を使います。歌い手がいます。
P2580365
(写真ではまだ歌い手が来ていません)

編み笠
P2590282
井草でつくられた笠、前後を赤い紐で結びます。

端縫い衣装(はぬい)
P2590274
大小の絹布の端切れを配色や配置に工夫して作られた衣装で、100年を経たものもあるそうで代々伝わるものだそうです。でも全体では数は少なかったです。やはり貴重なんですね。

履物
P2590280

P2590520
ご覧の様に白い足袋に紅白の緒がついた草履。昔は何時間も踊るので予備を腰に挟み込んでいたそうです。今は丈夫で2年くらいは持つそうです。

藍染め浴衣
P3670870
手絞りの藍染浴衣、最も古いのは百数十年と言われます。腰にさげた赤い布をしごきと言います。

彦三頭巾(ひこさずきん)
P3670911
西馬音内盆踊りの最大の特徴はこの彦三頭巾です。ご覧の様に黒い布で目のところだけ開いています。結構若い人が踊っていました。「亡者踊り」と呼ばれます。由利地方や山形県庄内地方の女性が用いる「はなふくべ」「はんなこった」=農家の方が農作業の時に日よけや汗ぬぐいにつかうために顔を覆っている布から来た説と、歌舞伎役者の黒子から来たという説があるようです。それにしても不気味と言えば不気味ですが、実際に見ているとそんな感じはないです。というのも意外と若い踊り子が多かったからだと思います。
次回本番です。

P3670580

雨の中尊寺
 昨日は台風の中、岩手の中尊寺から秋田の西馬音内(にしもない)盆踊りへと行ってきましたが、あいにくの台風のため盆踊りは体育館となりました。去年は富山の風の盆で台風のためひどい目に遭いました。今年はと思っていたら丁度台風の日に秋田にいくことになり、いかに普段の心がけが悪い事かと思いましたよ。
来年は風の盆をリベンジしたいと思います。中尊寺は一度行きたいと思っていましたので、ちょうどよかった、雨さえなければ。
 中尊寺のパンフレットなどを見ると必ず上のような写真になっていますが、これは金色堂を覆っている建物で覆堂になります。この中に金色堂がありますが撮影禁止なので外からちらりと見えるのが下の写真です。天井屋根まで金箔が貼ってあります。この建物を保護するために覆堂がかぶっ去っています。

P3670599

旧覆堂
現在の覆堂は1964年鉄筋コンクリート、この建物はその前の覆堂で500年の間金色堂を守ってきた建物。
P3670632

旧覆堂は中に入れます。
P3670628

お天気が悪いと喜ぶのは?
P3670655

中尊寺本堂

P3670662

本堂
P3670686

本尊 丈六釈迦如来坐像
P3670676

夏休みのこともありますが、人は多いようです。世界遺産
P3670698

中尊寺は一関に近いところにありますがが、どちらかというと太平洋側にあります。ここから山を越えて日本海側に移動します。羽後町の西馬音内盆踊りの見学のため移動、そのため台風に近づいている日本海側に移動です。台風がきていますので雨がひどくなっていきます。この盆踊りは本来多少の雨でも外で行われるのですが、さすがに台風ではしかたないので、室内となりました。
今日はとりあえずの写真です。動画編集次第アップします。
P3670765
踊り子は編み笠をかぶっている人と黒い彦三頭巾の人といます。
P3670783
雨ではこのような体育館で開催
P2590430

P2590419

P2580461
とりあえず、雰囲気だけ。本番は明日以降。

↑このページのトップヘ