四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

タグ:スミレ

tatitubo2
高尾のスミレ
3月に入るとスミレがちらほら
まだ種類は少ないですが、見られるようになってきました。
タチツボスミレ
都会でも普通に見らえるスミレ
tatitubo


ナガバノスミレサイシン
nagabanosumiresaisin


アオイスミレ(3枚)
aoisumire

aoi2

aoi


エイザンスミレ(2枚)
eizann
まだ1つしかありませんでした。
P4690981


斑入り(不明種)2枚
fuiri

fuiri2



アサギマダラ幼虫
まだ小さいですが、キジョランの葉に丸い穴が開いていたら
葉の裏をめくって確認。2匹発見です。
P4690834

P4690851

P4690861
高尾は、4月の入るとスミレや野草が増えていきます。

P6880722
クロサギ
初めて見た、黒いサギ
クロと言ってもカラスのような黒ではなく、グレーでした。
ずいぶん前に真鶴に探しに行ったことがありますが、会えなかったですが
何と今回我が家からすぐの海岸に飛来したものです。
P6880696

P6880818

P4150728

P4150692





木場公園から
何と、スミレが咲いていました。
P4160145


中村浩(東大卒。理学博士)氏の「植物名の由来」という本から
面白い話がありましたので掲載させていただきます。。

スミレという名前は、大工さんの使う墨入れ(墨斗=線を引くときに使う)の形から

スミイレのイがなくなってスミレになったと牧野富太郎博士などが説明していた。

ところが、スミレと聞いてイメージするのは紫色のきれいな花というものです。

ところが、墨入れというと黒くて綺麗とは決して言い難いというのです。

中村氏は、独特の解釈をしました。

確かに、つぼみとか咲きかけのスミレの形は墨入れに似ています。しかし、スミレの

綺麗なイメージから黒くて汚れやすいイメージとは関連がないのじゃないかという。

スミイレには墨入れ、炭入れ、隅入れの3つがある。

墨も炭も黒くて花とはイメージがわかない。残るは隅入れです。

隅入れというのは「隅入角」の略です。

◇の角を少しつぼみを付けたものです。

日本の家紋の一種です。古代では白か紫で染めた旗印としていた。

つぼみではなく、花が満開に開いた様子はとても墨入れとは言い難いという

侍はこの家紋を染めた旗印をもっていたが、満開のスミレを連想

させないだろうかというものです。隅入角~スミイレ~スミレとなったのではないか

というものです。面白いですね。

P4160139

ナワシログミ
P4160101
花と実、実は熟すと食べられるそうですが
葉は薬草として使えるそうです。
P4160097

アメーバブログ


大室山
見えるのは大室山
 高尾のスミレ 

高尾山のスミレの続き。城山付近、コースを登り切って日影沢に下る途中。前回は高尾スミレとエイザンスミレを紹介しましたが、すみれの山と言われる高尾山、今回見たスミレの紹介の続きです。
小仏城山北東尾根ルートから城山手前、林道出会で日影林道コースに入って、そこから下山しました。
マルバスミレ
マルバスミレ(上下とも)
マルバスミレ (2)

ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ
ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン
スミレ
スミレ
コスミレ
コスミレ(上下とも)
コスミレ (2)

アカネスミレ
アカネスミレ
アオイスミレ
アオイスミレ
P3080001
不明
P3070116_edited-1
不明
P3060958
ニオイタチツボスミレ
P3060791

P3060743
ヤマザクラ

P3060335
 高尾スミレ 

P3070394
高尾山、去年行ったときはスミレがもうほとんど終わっていたので、今年は少し早めに行ってきました。日影から日影沢を少し登り、すぐに城山のほうへ行く小仏城山東尾根ルートへ入ります。このルートは観光地図にはないのでほとんど知る人ぞ知るルート。ここからは登り、かなりきつい登り。ここを登り切って城山へは登らず、すぐに日影沢林道を下山しました。とにかく今回の目的はスミレを見つける事でした。結局高尾スミレは下山の途中、高尾によくなれているグループの方に教えてもらいました。
P3080035
高尾スミレの特徴は、ご覧のように葉の上がすこし濃くなっています。花は比較的大きく白い花弁の中心にムラサキの筋が入っています。去年はなかったので今回の大収穫でした。
高尾山はスミレの山と言われますがコースによっても見られる種類が違うようです。高尾山のスミレと言えば高尾スミレ。
P3070996
タカオスミレはもともとはヒカゲスミレで、このように葉が濃いのは移行型のタカオスミレというようです。西日本には少なく、全国に分布しているようです。
P3070591--

P1250970

エイザンスミレ
葉の形ですぐにわかりやすいスミレ。すみれの山というと三頭山が有名で、そこも去年いきましたが、すっかりスミレは終わっていました。ここでは花の数が少なく、これからが満開になりそうな感じです。
P3060554

P3070416

モモブトカミキリモドキ
P1250925

P3070577
エイザンスミレも色が多少違うのがあります。
P3070591



P3060739
染井吉野は満開でしたが、城山山頂近くにはあまりありません。
ここから眺めると少し下の方に桜の林。
P3070223

P2890879

 新 宿 御 苑 

今日、桜の開花宣言のあった新宿御苑。東京の基準桜靖国神社も21日か22日には開花宣言されそうですね。寒桜はもう盛りを過ぎていますが、染井吉野の開花で人も増えるでしょう。入園料は500円になるそうです。65歳以上は250円。

 白もくれん 
P2890872


アブラチャン
P2890922



P2890943


ヒュウガミズキ
P2890946


馬酔木(あせび)
P2890964


椿
P2890990


ふきのとう
P2890999


ボケ
P2910008


P2910028


P2910038


P2920044


P2920032

冬桜
P2920017





タチツボスミレ
P2920010


P2910993

↑このページのトップヘ