四季の風2

カメラが好きで休みには写真を撮り歩き。野鳥、花などの自然。ユーチューブあります。

タグ:彼岸花

P5600319
小石川植物園
彼岸花は見ごろ過ぎ
彼岸花を見たくて、行ってきました。
残念ながら見ごろ過ぎで枯れたものや垂れて
花の無いものも結構多くて、1週間遅かったという感じでした。

P5600598

それでもなるべく綺麗なものを撮ってきました.


P5600538


P5600420


P5600836

植物園の塀に模様
P5600825


P5600783

手前の白っぽいのは花の枯れかけ
P5600758


P5600746

白は少なかった。白は咲くのが早いので終わっているのでしょう。
P5600708

日が傾いて
P5600694

シュウカイドウ

P5600690

アマナ(残り)
P5600396

ヤブラン
P5600491

コミスジ
P5600371

セセリチョウ
P5600342




P5540310
彼岸花
今季初見の彼岸花
大手門の前の歩道でした。

大手門前
P5540325


石垣を見ると雑草取りの作業。大変そう。
P5540335


この後北の丸公園へ
1かたまりだけ花が咲いていました。
P5540382



P5540390



P5540392



P5540406_edited-1

まだこれだけですが、初見で大感激

P5540415


この後ぐるっと濠を回り国会議事堂前庭へ
前庭の池
P5540460



P5540465


前庭から霞が関の財務省、外務省前の坂を下って
日比谷公園

P5540474


第1花壇は花は少なかった
P5540725


リナリア
P5540727


シュウメイギク(これだけです)
秋はまだ先?
P5540732



P5540743



P3920824_edited-1

埼玉県秩父郡横瀬町
寺坂棚田
彼岸花で有名な横瀬町
あの巾着田の先、秩父に向かって西武線で芦ヶ久保で下車
駅前で自転車を借りて埼玉県民の森へ行き、時間があったので一度下山して
秩父方面に向かって20分くらいでしょうか、坂を上っていきます。
真っ赤な彼岸花が棚田を染めていました。小さな駐車場もありましたよ。
P3920730
花の状態は一番いい時ではありませんが、まだ何とか見られました。
コロナの影響で巾着田は全部彼岸花を刈ってしまったのですが、ここは
彼岸花まつりは中止ですが、花はありましたよ。
何年も前から一度は見たいと思っていた棚田の彼岸花。
花が立体的に見えるので棚田の彼岸花は最高です。
P3920736
パンフレットの写真にも使われる一番のポイント
いかがですか。

P3920755


P3920673


P3920774

武甲山が雲に隠れて見えません。
P3920831

武甲山
P3930062


P3930058


P3930114

柿の木がいかにもという風景を見せてくれました。
P3930116

この1枚が一番好きなアングルです。
P3930124

駐車場の看板
P3930158
赤坂棚田と表示しましたが、間違いでした。コメント有難うございます。

そばの花、満開
P3920691


P3920687

コスモスもあったよ。
P3920705

残したい日本の原風景でした。

P2290240

彼岸花見ごろに
まだつぼみも多いですがこの週末には満開に、でも風雨が心配。
今年は例年よりも早い開花のようです。

P2290206

P2290211
公園のあちこちに咲いていますが、大きな群生はありません。
土曜日に水元に行きましたが、水元はまだつぼみがほとんどでした。
P2290305_edited-1

P2290349
鳥類園の脇道、これが一番見事な場所かな。
P2290350

P2290359

葛が満開でしたよ。以外に花は遅いなあと思いました。秋の7草。
P2290323

P2290325_edited-1

百日紅は満開
P2290291


トップ写真の花壇の花のなかから
ペチュニア・マドンナの宝石
P2290250

アゲラタム・トップブルー
P2290256

ペンタス・グラフィティホワイト
P2290257

サルビア・ナナディープブルー
P2290261

アンゲロニア・セレニータパープル
P2290274

ジニア・プロフュージョンレモン
P2290265
全部で12種の園芸品種が植えられています。


野草
ツユクサ(色の薄いもの)
P2290326

ベニバナマメアサガオ
P2290340

美男鬘の実、花は前回紹介
P2290344

キノコ(名は不明、これから傘を開くのか?)
P2290407

カワセミ
8月度収支表A4 2016





↑このページのトップヘ